東北 NO1 人気沸騰中のメンタルトレーナー、セミナー講師の吉田こうじ公式ホームページ

聞き手が無意識に反発したくなる気持ちを防ぎ、スムーズに受け取ってもらうための伝え方のヒント

 

 

こんにちは、仙台のメンタルトレーナー&心理カウンセラーの吉田です。

 

あなたは、人の話を聞いたときどこに心を動かされますか?

どこにモチベーション、感情が動きますか?

 

話しの中身(コンテンツ)ですか?

話し手の雰囲気ですか?

それとも、、、?

 

同じ内容を話しているにも関わらず、

「信頼を高めやる気を引き出す人」もいれば、

「混乱や抵抗を生み出してやる気を削ぐ人」がいます。

 

この違いを生み出す違いは何なのでしょうか?

 

影響力のある伝え方とは、

「なぜ話すのか、なぜ聞かなければならないのか/WHY」×「誰が話すか/WHO」×「何を話すか(コンテンツ)/WHAT」×「どのように話すか/HOW」×「どのタイミングで話すか/WHEN」=影響力の高さ

これで決まります。

 

今回は特に

「何を話すか(コンテンツ)/WHAT」に関する中止すべき言葉の使い方と、

「どのように話すか/HOW」についてです。

 

「何を話すか(コンテンツ)/WHAT」に関する中止すべき言葉の使い方

 

 

では、具体的にいってみましょう。

話しの内容(コンテンツ)について注意したいポイントとしては、

「ベキ論を使わない」「できていない点を責めない」

ということ。

 

聞き手としては、

「話し手が考えている正論(ビリーフ)」を

一方的に振りかざされても困ります。

ベキ論とは相手に価値観を押し付けるということ。

 

押し付けは反発を生むので、

価値観を押し付けるのではなく「提案する」という

スタンスで臨みましょう。

 

それと「できていない点」を責められるより、

できている点を認めた上で「もっとこうするといい」と

話したほうが受け手としてはスムーズに受け入れられるのです。

 

例えば、

「◯◯するべき」⇒「◯◯を自信を持って提案したい」

「◯◯しなければならない」⇒「◯◯してみたらどうだろう」

「◯◯が出来ていない」⇒「▲▲までは良く出来ている。さらに良くするには、、、」

という感じです。

 

カリスマが話すなら「べき論」も全然ありなのですが、

そうじゃないなら、まずは「反発することなく話を受け取ってもらうこと」が先決です。

 

 

「どのように話すか/HOW」

 

あなたは、どのように話されると共感したり

やる気になって動こうと思いますか?

 

私たちは「自分が良い」「自分が好き」と思っているやり方を

無意識に採用します。

ですからまずはじめに、

自分がやる気になるような話し方を押さえておきましょう。

 

その上で、

「聞き手はどんな話し方を好きなのか?」

これを考えます。

 

あなたの好きな話し方と、

聞き手が好きな話し方に相違点がないなら

最高ですね。

 

もしも相違点があるなら

あくまでも聞き手に合わせるようにしましょう。

 

「いや〜、忙しい中、今日は話を聞けて良かった〜」

と言われるためにはどうすればいいのかを考えましょう。

 

聞き手側に何らかの得られるもの(メリット)があるなら、

そこには「話してくれてありがとう」という感謝の気持ちが生まれるはず。

 

この「相手からの感謝の気持ち」を事前にイメージしてみるのです。

 

相手を無理に動かそう、とにかく説得しようと思うと、

逆に抵抗を生んでしまう場合があります。

 

そうではなくて

「相手から感謝の気持ちを得ようと話す」のです。

これを意識するだけで、話し方は驚くほど変わります。

 

聞き手になりきり、

聞き手のメリットを考え、

聞き手からの感謝の気持ちを得ることに集中するのです。

 

自分が話したいように話すのではなく、

聞き手が聞きやすいように話すということ。

 

ぜひ、参考にしてみて下さい。

 

passionbanner

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.