東北 NO1 人気沸騰中のメンタルトレーナー、セミナー講師の吉田こうじ公式ホームページ

願望や引き寄せを邪魔する3つの思考癖と対処方法

 

こんにちは、仙台のメンタルトレーナー&心理カウンセラーの吉田です。

 

「あなたが本当に手に入れたいモノは何ですか?」

 

セッションでは、

こうした質問を色々な角度で何度も問いかけます。

経済的な豊かさ・愛・自由・自信・勇気・つながり・・・・。

 

しかし、本当に欲しいものがあったとしても、

それに手を伸ばすことに躊躇している自分がいることにもふと気づいたりもします。

あなたも、そんなことを感じた事はありませんか?

 

私たちは、本当に欲しいモノを手に入れることを

無意識で制限(ブロック)してしまう癖を持ってたりします。

今回は、そんな「欲しいモノを手に入れる事を制限する3つの思考癖」と

「それに対処するためのヒント」についてです。

 

 

可能性(Possibility)

 

私たちは、欲しいモノを考えた時に、

それを手に入れる方法がわからない場合があります。

「でもどうやって、それを手に入れればいいのだろう?」

こう考えるときですね。

 

それは、全く運動をしたことがない人が、

「オリンピックの金メダルが欲しい」と願うようなものかも知れません。

 

もし物理的な問題(年齢、訓練に費やす時間など)がクリアーされているなら、

「可能性」は、完全にゼロではありませんよね?

 

あとは、優秀なコーチやトレーナー、

素晴らしい環境を整える事ができれば、

その夢を実現することは不可能ではないのです。

 

ところが、

「じゃあ、どうやって優秀なコーチやトレーナーを見つければいいんだろう?」


「どうやって、その人達を雇うお金を工面すればいいのだろう?」


「どうやって、素晴らしい設備の整った場所を探せばいいんだろう?」


「どうやって・・・?」

と考える過程で、

「やっぱり、自分には無理かな・・・」と考え、

実際に何も行動を起こさないまま諦めてしまうようです。

 

何の行動も起こさないと言う事は、

残された可能性自体を完全に否定してしまうということ。

 

ですから、

どんなことでもいいので、とにかく具体的な行動を起こしてみてから考える。

まずは何でもいいから行動してみましょう。

100点満点を求めようとすると、

途端に動けなくなります。

1点でも5点でもいいので、

すぐできることからまずは行動してみましょう。

その瞬間に可能性の扉を開けることができます。

 

能力(Ability)

 

私たちは、やり方がわからないもの、

やったことがないものを「最初から出来ないもの」と

思い込んだりするときがあります。

 

また、過去に挑戦しようとして挫折した経験があるものについても、

「自分には出来ないもの」と思い込んでいたりします。

 

これまでにも何度かブログで書いていますが、

人にはコンフォートゾーンに留まりたいという欲求があります。

コンフォートゾーンとは、

「安全領域」「自分の思っている自分のあるべき領域」

「リラックスできている現状」のことです。

 

 

「自分には出来る(能力がある)と思う」⇒現状からの離脱:困難な挑戦の始まり

「自分には出来ない(能力がない)と思う」⇒現状維持:これまでと変わらない生活

 

なんだかんだ言っても、現状から抜け出そうとすることには

不安を感じるので、私たちはコンフォートゾーンに留まるための

「言い訳を考える名人」になるのです。

 

言い訳を設定してしまうということは、

「欲しいものを手に入れないというゴールを設定すること」と同じです。

 

ですから、

もし「自分には出来ない」という自分の内側からの声が聞こえて来たなら、

『昨日までの自分だったら』という言葉を最初に付けて言い直してみましょう。

 

「昨日までの自分だったら出来ない」

 

こう自分に言い聞かせることで、

「今日の自分なら何かはできる」と脳は認識してくれます。

 

「私たちは言い訳作りの名人である」ということを知り、

「昨日までの自分だったら」を効果的に使うことが2つ目のヒントになります。

 

自分にとって、ふさわしと思えること

(Worthiness)

 

私たちは手に入れたいモノがあるにも関わらず、

「自分には、まだちょっとふさわしくないかも・・・」と思う事があります。

 

「自分が出世するのは、まだ早いのではないだろうか?」

「自分にあんな素敵な人は似つかわしくないのではないか?」

「自分の売っている商品(サービス)で、こんなにお金をもらってはいけないのではないか?」

 

という感じです。

 

もし、このように「何か自分にふさわしいと思えない」と感じるようなら、

それは、あなたの無意識が何らかの警告を発しているのかも知れませんし、

単純にコンフォートゾーンに居続けさせるためのいい訳なのかも知れません。

 

ですから、まずは客観的に「自分にはふさわしいと思えない理由」を

明らかにすることが必要になります。

 

「ふさわしいと思えない理由」を明らかにするための効果的な質問がいくつかあります。

 

「本当にそれを欲しいと思っているのか?」

「ふさわしくないと決めたのは誰か?」

「何がふさわしくないと思わせるのか?」

「何があれば、ふさわしいと思えるのか?」

「それを手に入れたら、何が起きるのか?」

「それを手に入れられなかったら、何が起きないのか?」

 

もしかしたら、本当は欲しいと思っていないのかも知れませんし、

ふさわしくないというのは勝手な思い込みや勘違いなのかも知れません。

 

あるいは、そもそも物理的に不可能なものを

思いつきで欲しいと願っているだけなのかも知れません。

 

これらの質問について、1つずつ丁寧に答えを探してみまることが、

3つ目のヒントとなります。

 

やらないで後悔するのか?

それとも、まずは出来ることから始めてみるか?

 

 

これまでの自分の経験や、多くの方とセッションする中で、

「やらないで後悔するくらいなら、出来ることからとりあえず始めてみる」

という選択をする方が、何かといい結果をもたらすと思っています。

 

何らかの行動を起こす事で必ずフィードバックが生まれます。

時には、そのフィードバックは辛く苦しいと思えるものかもしれません。

しかし、何らかのアクションを起こした時点で確実に

「一歩も二歩も成長した自分」になっているのです。

 

あなたは、やらないで後悔しますか?

それとも、、、?

 

parsonalmissionbanner

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.