東北 NO1 人気沸騰中のメンタルトレーナー、セミナー講師の吉田こうじ公式ホームページ

「本当にいまのままの人生でいいのだろうか?」と思った時に自分のバランスをチェックする方法

 

 

こんにちは、仙台のメンタルトレーナー&心理カウンセラー・セラピストの吉田です。

 

ときに人は、人生になにかアンバランスさを感じるときがあります。

 

収入は増えたけど家族との時間が全く取れない・・・


大好きで結婚したものの家庭内離婚状態が続いている・・・


念願のマイホームを購入したのに、家の中がバラバラに感じる・・・


そこそこ現状に満足しているが、いつもなにかが足りない気がする・・・

 

このように、欲しいモノを手に入れたのに何かがおかしい。

何かが違っている気がする・・・。

そんな経験をしたことはありませんか?

 

もしかしたら、それは『人生のバランスが崩れているから』かも知れません。

 

人生がアンバランスだと、チャンスに気づくことが出来ずに逃してしまったり、

うっかりして大切な事を忘れて大失態をやらかしたり、

いつのまにかネガティブな思考や発言ばかりして周囲を遠ざけたりということが起きたりします。

 

アンバランスということは、何かに偏り過ぎて全体が見えなくなっているということ。

 

では、それとは逆に人生のバランスが取れている(調和)とはどういうことでしょうか?

 

それは、

・自分らしく、やりたいことに無我夢中で取り組んでいる状態

・皆が自分を応援してくれている状態

・自分にはやれると自信を持っている状態

・自分には出来る能力があると確信している状態

・信頼できる仲間に囲まれている状態

という感じですね。

 

もし、あなたが「自分は調和している」と確信しているのであれば、

これ以上、このページをご覧になる必要はありません。

 

でも、そうじゃないなら、きっとこの記事は役に立つでしょう。

あなたもこの機会に、

今の自分自身の人生におけるバランス度をチェックしてみてはいかがでしょうか?

 

人生のアンバランス度テスト

 

以下のテストシートは、「ソース/マイク・マクナマス著」VOICEより抜粋

 

質問1〜質問25までの採点ガイド
常に、またはほとんど常にそう思う。 0点
ときどきそう思う。 1点
半々。そう思うときと思わないときが半分ずつある。 2点
どちらかと言えば、そう思わない。 3点
決して、またはめったにそうは思わない。 4点

 

それぞれの質問に対して上の5つの答えの中から、

過去1年間の自分にもっともあてはまるものを選び、

下のテストの右側の列に点数を書いてみて下さい。

※このページを印刷するとやりやすいと思います。

 

人生のアンバランス度テスト 質問1〜質問25
1、思い通りの仕事をしている。  
2、思い通りの人生を行きている。  
3、能力を最大限に活かしている。  
4、人助けになる活動をしている。  
5、自分が成し遂げたことを誇りに思う。  
6、職場で仕事ぶりを認められている。  
7、家族から働きぶりを認められている。  
8、時間を効率的に使っている。  
9、才能を最も有効に使っている。  
10、あたえられた仕事は最後までやりとげる。  
11、締め切りに間に合う。  
12、すると約束したことは必ずする。  
13、目標や方向性を明確にすれば、優先順位はおのずと決まってくる。  
14、目標や大事なことを実現している。  
15、仕事は自分の趣味と一致している。  
16、家では趣味を実践している。  
17、自分の仕事は大切だと思う。  
18、くつろぐことができる。  
19、どうでもいいことはしない。  
20、何もかもひとりで背負い込まないで、必要なら人に頼む。  
21、仕事が楽しい。  
22、家族といるのが楽しい。  
23、仕事はやりがいがある。  
24、緊急にせまられても、あわてずに働くことができる。  
25、失敗や間違いから学ことができる。  
合計  
   

 

はい、一旦、ここで休憩をしましょう。

 

では、気分を切り替えて残りの25問に取り組みましょう。

今度は、採点が逆になっているので注意して下さいね。

 

質問26〜質問50までの採点ガイド
常に、またはほとんど常にそう思う。 4点
ときどきそう思う。 3点
半々。そう思うときと思わないときが半分ずつある。 2点
どちらかと言えば、そう思わない。 1点
決して、またはめったにそうは思わない。 0点

 

人生のアンバランス度テスト 質問26〜質問50
26、仕事がつまらない。  
27、職場でイライラしたり腹が立つ。  
28、とりとめもない空想にふける。  
29、するべきことを先に延ばす。  
30、現在の仕事をいいかげんにする。  
31、仕事や約束に遅れる。  
32、休みが待ち遠しい。  
33、別の仕事だったらいいなあと思う。  
34、家族関係がいまとはちがっていたらなあと思う。  
35、時間のたつのが遅いと感じる。  
36、だいたいいつも疲れている。  
37、仕事が忙しくて家族と過ごす時間が無い。または自分の時間が無い。  
38、仕事のことで悩んでいる。  
39、家族のことで悩んでいる。  
40、仕事の悩みを家に持ち込む。  
41、家庭や私的な悩みを仕事に持ち込む。  
42、自分に完全さを求めてしまう。  
43、他人に完全さを求めてしまう。  
44、ものごとに集中できない。  
45、ほかの人のことが気になって集中できない。  
46、雑念が多くて気が散る。  
47、騒音がうるさいと気が散る。  
48、責任ある仕事はなるべく避けたい。  
49、上司や権力者を批判する。  
50、変化が嫌い。  
合計  

 

はい、お疲れさまでした。前半と後半の合計点を足したら終了です。
※前半と後半の採点が違うので注意して下さい。

では、合計点がでたら解説をご覧下さい。

 

  • 0点から50点・・バランスの取れた人生
  • 51点から100点・・少々アンバランス。要注意。
  • 101点から150点・・完全にアンバランス。改善が必要。
  • 151点から200点・・極端なアンバランス。危険信号。
  •  

 いかがでしょうか?

 

こういったテストは、その時の気分や身体の状態にも左右されるので、

「まあ、こんなもんでしょ?」くらいの軽い気持ちで結果を確認するのがいいと思います。

気にすればするほど、バランスを崩しますからね(笑)

 

なにごともバランスが取れているにこした事はないとは思いますが、

人生では何かに偏り過ぎているからこそ、

他の人に見えないモノが見えたり出会いが生まれたりする場合があります。

 

ときには盲目的に、なにかに夢中になって周りが見えなくなってもいいと思います。

それは周りに迷惑や心配をかけてしまうかも知れません。

非難をあびることになるかも知れません。

でも、いつもバランスを取ろうとあらゆる事に気を配り努力する方が、

もしかしたら一番ストレスを溜めて疲れてしまうことかも知れません。

 

適度にバランスを取りながら夢中になるものを拡大させる方法

 

では、適度にバランスを取りながら、

やりたいことに夢中になるにはどうすればいいでしょうか?

 

一番オススメなのは、やはりコーチやメンターなど

自分の目標を理解してサポートしてくれる人と一緒に、

時々方向性を確認しながら進んで行くことでしょう。

 

そして、その際に設定する目標には

「自分の人生に大切な価値観」を考慮したものを設定するということ。

やはり、ガイドとなる客観的に見てくれる人がいると、

安心して何かに夢中になることができるんですね。

 

 

他にも、これはかなりスピリチュアルに感じるかも知れませんが、

ある瞑想の本に載っていて私も実践したところビックリするくらい

効果があるオススメの方法をご紹介します。

やるやらないは、お任せしますね。

 

その方法は、

1、眠る直前に、なりたい自分が実現されている状態をありありと思い浮かべる

2、「いま、私がなりたい自分に向けて本当にすべきものを教えて下さい」と数回唱える

3、「今日も安心して眠りにつけることに感謝します」と言ってから眠る

 

たったこれだけです。

もし、何かピンと来た方は、しばらく眠る前にやってみてはいかがでしょうか?

もしかしたら、びっくりするような面白い事が起きるかも知れませんよ。

 

引き寄せ.001

 

メルマガ購読・解除
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.