東北 NO1 人気沸騰中のメンタルトレーナー、セミナー講師の吉田こうじ公式ホームページ

無意識の思考や行動のストラテジー

こんにちは、吉田です。

あなたは、何かやりたくても、つい後回しにしていることはありますか?あるいは、ヤメなきゃとは分かっちゃいるけど、ついついやってしまうことってありませんか?

私たちは、色々なことをパターン化して行動しています。無意識の思考や行動の習慣ですね。例えば、仕事に取りかかる時、ローッカーに上着を入れたら、PCの電源を入れて、昨日の仕事終了からの溜まっているメールをチェックしたりします。これらもパターンです。

あなたが、ついつい後回ししてしまうコトも、ヤメなきゃとは分かっちゃいるけどついついやってしまうことも、もしかしたらこういった何らかの「パターン」があるのかも知れません。

でも、もしこういったことがパターン化がされていなかったならどうなるでしょうか?

きっと大変な朝のスタートになることでしょう。その都度、イチから考えていかなければならないからです。

 

それは時間も労力も、かなり余計にかかってしまいますよね。

79e5bc4a03f976ae3d2b97b1391f2801_m

パターン化とは、同じ手順(プロセス)を行って、同じ結果を得るということです。成功する結果を生み出すパターンなら大歓迎ですが、もし望ましくない結果を生み出すパターンがあるとしたら、それは何とか変えてしまいたいですよね。

今回はそんなお話しです。

 

自分のパターンを分解する

 

私たちが普段、何気なく行っている思考や行動にはパターンが潜んでいます。このパターンを知り、意図的に介入することでパターンを変え、結果を変えて行くことが出来ます。

例えば、私は雨の日以外は毎朝ジョギングをするようにしています。しかし、それが習慣化されるまでは結構大変でした。一度、目を覚ますのですがベッドから抜け出れないのです。

そんな時には、その時の様子を再体験しながら詳細に分解していきます。ちなみに、私が朝のジョギングを習慣化するまでの、朝目を覚ましてからのパターンとしては、、、

  • 目が覚めると同時に、今の時間を確認する。
  • なんとなく身体の感覚をチェックする
  • ちょっとした足腰の痛み、頭の痛みなどを感じる
  • 今日はこのまま寝ていないと、身体を痛めるかも知れないと考える
  • でも走ろうと決めたんだし、、、と考える
  • こんなことを考えていること自体、自分は意思が弱いなと考える
  • 5〜6をしばらく繰り返す
  • 結局そのままベッドの中で過ごす

こんな具合です。

NLP(神経言語プログラミング)では、これらの手順を感覚で分解します。それを『ストラテジー』と呼びます。上の例を感覚で表記したのがこちら。
※NLPでは細分化した符号で表記しますが、わかりやすくするために漢字で書きます。

  • 目が覚めると同時に、今の時間を確認する。⇒開始/外部視覚
  • なんとなく身体の感覚をチェックする⇒内部身体感覚
  • ちょっとした足腰の痛み、頭の痛みなどを感じる⇒内部身体感覚
  • 今日はこのまま寝ていないと、身体を痛めるかも知れないと考える⇒内部対話
  • でも走ろうと決めたんだし、、、と考える⇒内部対話
  • こんなことを考えていること自体、自分は意思が弱いなと考える⇒内部対話
  • 5〜6をしばらく繰り返す⇒内部対話
  • 結局そのままベッドの中で過ごす⇒結果

こんな具合です。

うまくいかないストラテジーの多くは、ある特定の感覚ばかり使っていたり、うまくいくストラテジーと比べると何らかの感覚が抜けていたりします。

では、これをどのように書き換えたかというと、、、

  • 目が覚めると同時に、今の時間を確認する。⇒開始/外部視覚
  • ジョギング中に聴く音楽を頭の中で流す⇒聴覚
  • 走っている風景、途中のストレッチ風景を思い描く⇒内部視覚
  • 走り終わった爽快感、充実感を感じる⇒内部、外部身体感覚
  • 「どれ起きるか!」と頭の中で言う⇒内部対話
  • 起きる⇒結果

こんな具合です。

この手順で「いけそうだ!」と思えるまで、頭の中でイメージしながら、何度も順番を組み替えたり、新しいストラテジーを組み入れたりします。

そして実際に翌朝試してみます。

実際に、問題なくスムーズに起きてジョギングすることができたなら、このストラテジーの組み替えは終了です。もし、うまくいかなかったなら、「何がキッカケで起きれなかったか」「何がキッカケになれば起きれるか」を考えて、またストラテジーを組み直します。

 

ストラテジーを再構築する際のポイント

 

私たちは、行動したり、学習したり、選択や決断をしたり、モノを買ったり、記憶したり、、、あらゆる場面で、こういったストラテジーを使っています。

もし何かうまくいかないストラテジーがあるなら、それは「内部対話」や「内部の身体感覚」を多く使っている場合が多いようです。ですから、その点を考慮して手順を組み替えたり、書き換えたりするといいようです。

また、「成功した結果の状態」を先にストラテジーの中に組み込んでおくのも、とても効果的です。結果が出るまでのプロセスをイメージすると、うっかり失敗したイメージが浮かんだりしてしまうからです。

例えば、掃除をつい後回しにしてしまうのは、掃除の最中の面倒なことばかり考えてしまうからかも知れません。それよりも、掃除が終わって奇麗になった状態を強くイメージするほうが、行動を起こしやすくなるはずです。

 

この記事が、あなたのビジネスや日常生活において、何らかの気づきや学びに役立ったらポチッとお願いします。


人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.