東北 NO1 人気沸騰中のメンタルトレーナー、セミナー講師の吉田こうじ公式ホームページ

「ホ・オポノポノ」の実践 音声誘導瞑想でネガティブな心をクリアリング


 

仙台のメンタルトレーナー吉田です。


さて、今回は心をクリアリングする動画をアップしたのでそちらの紹介です。


それは「ホ・オポノポノ」です。
 

Wikipediaによると、

ホ・オポノポノ(Hoʻoponopono)は、ハワイ語で、PukuiとElbertによるハワイ語辞典において「心の洗浄。祈り、議論、告白、後悔、互いの補償と許しによって関係を整える家族会議」と定義される言葉。

 

ホ・オポノポノは"全責任を自分が負う"ことを原理とするハワイに伝わる癒しの方法で、ホ・オポノポノという言葉は、家族のあるいは個人の癒しの方法を指す言葉として知られる。

 

ある。この実践法は、『自らが全責任を負う思想』であり、"全責任とは、万物が人間の内面からの投影として存在し、問題は外部世界の現実にあるのではなく、我々自身と共にあり、現実を変えるためには、我々はまず自らを変えねばならない"というもの。

 

ホ・オポノポノは自らの記憶に向けて、「どの記憶が問題を引き起こしているのだろうか」と問いかけた後、「ありがとう」「ごめんなさい」「許して下さい」「愛しています」の言葉を繰り返すことで実践される。


このホ・オポノポノは、いわゆるアファメーションの一種と言ってもいいのですが、

自分の潜在意識にある、未解決のネガティブな想いに対して、

祈り、感謝し、許しを乞うことで心を洗浄していく

「セルフヒーリング(クリアリング)」の方法です。


 

潜在意識のネガティブな感情をクリアリングするホ・オポノポノの方法

 

前述した通り、

ホ・オポノポノは、

“自分が知覚している問題や悩みの全ては、自分の中にある抑圧されたままの思いが投影したものであり、それらに対して100%自分に責任がある”

という考え方が根底にあります。

 

それをふまえた上で、

①抱えている心の問題、ネガティブな感情と直面する

②自分に向けて「どの記憶が問題を引き起こしているのだろうか」と問いかける

③「ありがとう」「ごめんなさい」「許して下さい」「愛しています」の言葉を何度も繰り返す

 

具体的には、

「自分は愛されていない」「自分には価値がない」

こうした思いがあるとき、その思いを心に思い浮かべます。

そうした思いに蓋をするのではなく、

 

自分自身に向けて

「自分の中のどの記憶が問題を引き起こしているのでしょう?」

「本音を教えてくれてありがとう」

「これまで自分を傷つけてごめんなさい」

「傷つけてしまった自分を許してください」

「私は私を愛しています」

こんなふうに何度も唱えます。

 

不思議なことに、10回目くらいから

心がすーっと軽くなってきます。

 

そこでやめることなく、

さらに続けてみましょう。

 

きっと穏やかな心を感じることができると思います。

声に出した方がいいのですが、心の中で唱えるだけでも大丈夫です。

 

 

ホ・オポノポノを手軽に実践する音声動画

 

こちらの動画では、

約15分間デジタル音声が言葉を繰り返します。

 

音声が流れたら、

ご自身でも心の中で、あるいは声に出して

言葉を繰り返してみてください。

 

きっとスッキリ穏やかな気持ちになると思いますよ。

 

 

 

では、今回はここまでです。

 

 

こちらの誘導瞑想もオススメです。バイノーラルビートで癒しとフルリラクゼーションをお楽しみください。

1460776370

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.