東北 NO1 人気沸騰中のメンタルトレーナー、セミナー講師の吉田こうじ公式ホームページ

アサーティブコミュニケーション「言いにくいことを相手に上手に伝える」方法【ビジネス心理学】

 

 

こんにちは。

 

仙台のメンタルトレーナー吉田です。

 

・自分の気持ちを素直に伝えようとしても「うっ!」となって言葉が出てこない

・自分の素直な気持ちを伝えたら嫌われてしまうのではと過度に不安になる

・自分の気持ちをただ素直に伝えただけなのに、相手は気持ちを押し付けられたように

    感じてしまって嫌われてしまった

 

こんな経験をして悩んでいる人は少なくありません。

 

 

私たちは普段コミュニケーションをしながら、自分なりに相手の立場を尊重したり、

自分なりに相手の話にしっかりと耳を傾けるということをしています。

 

ですが、この「自分なりに」という部分に、人それぞれ大きなギャップがあるわけ

です。

 

 

例えば、

 

相手を尊重することや、謙遜するということに過剰に反応してしまい、自分のことを

相手よりも下のポジションに見て劣等感を感じてしまったり、自分の意見を素直に口

に出すことができなくなって苦労してみたり・・・

 

あるいは、自分の意見を素直に伝えたら、相手から煙たがられてしまい傷ついたり、

本当なら相手の話しにすぐに反応して自分の意見を言いたいのに、どう伝えていいの

かがわからなくて、まごまごしている内に意見を言う機会を逃して後悔してしまったり

することがあります。

 

こうした、できれば避けたいと思っている現象が自分の身の回りに起きているとき、

そこには大きく3つの原因があると感じています。

 

自分の本音や意見を素直に口に出せないときの3つの理由

 

その3つとは、

1)自己肯定感が低い
2)伝える・表現するコミュニケーションスキルが不足している
3)相手とのコミュニケーションチャンネルが合致していない


 

では、一つずつ見ていきましょう。


1.自己肯定感が低い

 

自己肯定感とは「自分のことを自分で大切にしているという感覚」のこと。

簡単に言い換えるなら「自信」と言ってもいいでしょう。

 

なんらかの理由でこの自己肯定感が低い状態にいると、

 

✔︎ 自分の意見には価値がない

✔︎ 自分の意見を言ったら相手から嫌われる

✔︎ 自分の意見を言ったらバカにされる

✔︎ 自分の意見を言ったら相手が傷つく

 

こういったことを強く思ってしまって、自分の気持ちや意見を相手に素直に伝えたり

表現することが難しいと感じます。

 

ざっくりというと、自己肯定感が低い状態の時、私たちは自分自身の事が嫌いです。

 

自分をすごく低く評価しています。

 

だからこそ自分の意見や気持ち、考えなどを相手に伝えることができないということ

ですね。

 

ですから、まずは自分の自己肯定感が低すぎる状態になっていないかは確認しておく

必要があります。

 

 

2.伝える、表現するためのコミュニケーションスキル不足

 

相手の立場や価値観を尊重しながら、自分の意見もきちんと主張していくコミュニ

ケーションスキルに、アサーティブコミュニケーションとかアサーションと呼ばれ

るものがあります。

 

これは、僕のセッションでもクライアントの方にトレーニングをしていただいてますが

自分の意見をしっかり整理して言えるようになると、自己肯定感がグンと高くなります。

 

これは、スキルですから後天的に身に付けることが可能ですが、普段から感情に流さ

れることなく自分自身の本音に気づく練習が大切です。


例えば、営業の場面で

「お忙しいとは思いますが、5分間だけお時間をいただけますでしょうか?」

と相手に伝える時、相手の時間を奪うことに対するお詫びの言葉を入れてはいますが、

結局、ここで言っていることは、「あなたの自分を私が5分間いただきます。その間は

我慢して私の話を聞いてくださいね」ということを一方的に押しつけようとしているだ

けです。

 

別にこれがダメとは言いませんが、一方的に押し付けられた側としてはあまりいい気持

ちはしませんね。

 

ですが、営業はもちろん、いろいろな場面で、丁寧に応対はしているのですが、その本質

は一方的に相手に対して自分の都合を押し付けているという場面によく遭遇します。

 

そうではなくて、

「今回は直接お話しさせていただけてとても嬉しいです。せっかくの機会ですから、

できるだけあなたにとって役立つ情報をお伝えさせていただければと思います。

わかりにくいところは、何なりとご質問くださいね」

例えばこう言ってみたらどうでしょうか?

 

どんどん質問しても大丈夫というのであれば、お互いに対等なWIN&WINの関係性を

構築できそうではないですか?

 

ただ、自分の本音や意見を素直に相手に伝えることに対して、「わがまま」とか

「自分勝手」とか、そういうネガティブなビリーフを無意識に持っている場合、

いくらスキルを学んでも、そのスキルを発揮できないということも起きてしまいます。

 

そういう意味では、スキルを身につけることとは別に、自分の内側になるネガティブな

ビリーフの存在に気づき、それを手放す(癒す)というステップが必要ですね。

 

 

3.会話相手とのコミュニケーションチャネルの相違

 

 

コミュニケーションチャネルとは、五感のことです。

 

私たちが思っている以上に、使っているチャネルの違いがコミュニケーション

を阻害する大きな要因になっていると感じています。

 

私たちは情報を処理(インプット&アウトプット)する際に五感を使っています。

・視覚情報

・聴覚情報

・身体感覚情報(味覚・嗅覚・触覚)

「右利き」「左利き」があるように、これら五感にも、得意な「利きチャネル」が

あります。

※より詳しい「利きチャネル」についてはこちらの記事も参考にしてみてください。

 

相手の話を整理しながら理解したり、自分の意見を整理して相手に伝えることに

時間がかかってしまい、まごまごしている内に意見を伝えるチャンスを逃したとか、

 

まごまごしている内に話題が変わってしまって、話しについていけないというお悩み

を持っている人には、これまでの経験上このコミュニケーションチャネルの違いに

よるものが実は結構大きいと感じています。

 

では、この感覚チャネルによるコミュニケーションの特徴を見ていきましょう。

 

 

視覚チャネル優位な人の特徴

 

視覚チャネルが優位な人は、情報を映像として処理をしていくのが得意です。

 

頭の中で膨大な量の映像情報を処理しながら、それをどんどん言葉に変換するので、

視覚情報を扱うのが得意な人は、早口でマシンガントークになりがちです。

 

また、頭の中の映像を身振り手振りでも表現するので、自ずと身振り手振りも激しく

なる傾向があります。

 

聴覚チャネル優位な人の特徴

 

聴覚チャネルが優位な人は、言葉や文字そのもの、声のトーンなどから情報を処理する

のが得意です。

 

イメージで処理するというよりも言葉で処理するので、例えば「すごく大きな船」とは

言わずに、「全長◯◯mで客室が◯部屋もある船」などと、より具体的に事象を説明する

のが得意です。

 

聴覚優位な人は話すスピードは比較的一定ですが、細部にわたって言葉で表現することを

好み、裏返せば細部に渡って説明されないと理解が進みにくいという傾向があります。

 

身体感覚チャネル優位な人の特徴


例えば、理解するということを別な表現で「腹に落ちる」とか「しっくりくる」と言った

りしますが、身体感覚が優位な人は、まさにこのタイプです。

 

相手の話す内容が自分の腹の中に落ちていく感覚を感じながら理解していきます。

ですから、コミュニケーションのスピードもゆっくりになります。

しっかりと噛み砕いて腹に落としていくのには時間がかかりますからね。

 

これは相手の話を理解する時に限らず、自分のことを表現する際にも同じことが言えま

す。

「どう言えば伝わるだろうか?」ということを、自分の体の器官を通してチェックして

るので、表現するまでに時間がかかるのです。

 

特に、視覚チャネルが突出して優位な人と、身体感覚チャネルが突出して優位な人との

コミュニケーションや、聴覚チャネルが突出して優位な人と、身体感覚チャネルが突出

して優位な人との間のコミュニケーションにはギャップが生じやすいように感じます。

 

 

アサーティブコミュニケーション「DESC法」

 

 

ですから、まずは自分が得意としている感覚チャネルが何なのかを知り、さらには

相手の感覚チャネルも知ることが大切ということですね。

※あなたの感覚チャネルを無料で診断するツールはこちらから手に入れられます。

 

ここまで、自分の本音や意見を素直に口に出せないときの3つの理由について解説して

きました。

ここからは、コミュニケーションを通して表現するためのスキルについてお話しして

いきます。

 

相手の立場も尊重しながら、「要望」「意見」「提案」などを素直に表現し伝えるため

にはアサーティブスキル(アサーションスキル)が役立ちます。

 

※こちらの記事も参考にしてください

 

アサーティブ・コミュニケーションテクニック「反対意見があるときはこう言えば対立を回避できる!」

 

アサーティブな関係を築くために知っておきたいコミュニケーション4つのタイプ「NOと言えずに人に振り回されてしまうあなたへ」

 

相手に言いづらいことを言話なければならないときに役立つ「アサーション・スキル」会話の構造

 

「アイ・メッセージ」と「ユー・メッセージ」の使い方 気持ちを伝える会話術

 

アサーティブコミュニケーションではDESC法というフレームを使って、相手に伝えたい

ことを整理します。

 

Describ:客観的な状況や事実を整理し伝える

Explain:主観的な気持ちや感情(本音)を整理し伝える

Specify:提案・要望を整理し伝える

Choose:代替案を整理し伝える

 

この4つに整理整頓した上で気持ちや意見を伝えていくというやり方ですね。

 

今回は、文章で書くとかなり長くなりそうなので、ミニセミナー風に動画でお話しし

てみました。

 

アサーティブに言いにくいことを伝える技術(動画解説)

 

動画の中では、スキル以前にコミュニケーションで大切な3つの要素についてもお話

ししてます。

 

ぜひ参考にしてみてください。

※スマホでご覧になると字幕が表示されませんので、ぜひパソコンでご覧下さい。

 

 

 

 

kensyuu

parsonalmissionbanner

4 thoughts on “アサーティブコミュニケーション「言いにくいことを相手に上手に伝える」方法【ビジネス心理学】

  1. ambsek

    アサーティブコミュニケーションと雑談の解説動画ありがとうございます。
    大変勉強になります。

    子供の頃から1人でいる方を好み、他者評価を気にしすぎてしまい
    コミュニケーションに対する苦手意識が強かったので
    気の置けない人以外の人との会話が苦痛で楽しくありませんでした。
    自己嫌悪感や承認欲求でいっぱいだったので上手くいかないのは
    当然ですよね。投影に苦しむことなく、適切な境界線が引けるように
    なろうと思います。

    バックトラッキングなど、もっと気楽に人と接することが可能な会話方法
    がございましたら動画でご教示ください。よろしくお願いします。

    1. breakstate Post author

      ambsekさん

      コメントありがとうございます。

      「うっ」っと詰まって言葉が出ない時には、実際に一歩前に足を踏み出しながら話すという「弾み」をつけてみるといいかもですよ^_^

      ちなみに、基本的なコミュニケーション(バックトラッキング含む)については、こちらの動画も参考にしてみてください。
      https://www.youtube.com/watch?v=nhe4xfaN6qU

      今後もユーチューブ上に動画はアップしていくので、よろしければ参考にしてくださいね。

  2. ambsek

    自己肯定感や瞑想、会話のスキルを学んでいるといつも思うのですが
    ご活躍されている吉田さんなどのメンタルトレーナー・カウンセラーさんや
    セラピストさんはいつも笑顔で振動数の高いプラスのエネルギーを持っていて
    うらやましいなと素直に感じます。笑顔と体力は大切ですね。

    自分のためだけではなく、他人に共感される行動をしよう
    と考えるようになりました。もっとポジティブな言葉を使って
    他人から否定的なことを言われたりマイナスの評価されても
    大丈夫な状態になりたいです。

    1. breakstate Post author

      ambsekさん

      コメントありがとうございます^_^

      振動数が高いプラスのエネルギーですか?

      そう感じていただけたなら嬉しい限りです。

      ちなみに、普段、僕自身が心がけていることは「自分の軸(価値観)」がぶれないようにすることです。

      小さい頃からお調子者でヘラヘラしている反面、実はすごい引っ込み思案で、感情的にはいっつもプラスかマイナスの両端を行き来してました。

      そのブレ幅が大きくて、とても疲れるというか辛いというか・・・

      そんな感情の波が激しい自分を周りに隠そうと頑張っていたので、感情を素直に表現してる人に対しては、かなりイライラしたり、悲しくなったり、とにかく余計に疲れてました・・・

      その当時は自分の内面と向き合うことを無意識的に避けていたので、イライラしたり悲しくなったりする原因は、いつも外部(他者)のせいだと信じていて、今思えばかなり周囲に対して攻撃的でもありました。

      そんなダメダメな自分でしたが、今はどんな点を意識しているのかというと、、、、

      例えば自分にとってプラスの出来事と思えることが起きた時には、あえてマイナスの側面を見るようにし、逆に自分にとってマイナスの出来事と思えることが起きた時には、あえてプラスの側面を見るようにすることで、ブレ幅を相殺するというか、自分の軸に立ち戻るように意識してるつもりです。

      物事には色々な側面があるので、プラスにもマイナスにも、どちらか一方にだけ偏ることのないようにしているという感じでしょうか?

      無理して他者に共感しようとも思いませんし、共感して欲しいとも思いません。

      他者から否定的なことを投げかけられたとしても、一瞬はグサッとくることがありますが、それを否定的なメッセージとしては受け取ってません。

      「なるほど、こういう考え方の人もいるんだな〜」と、素直に感動してみたり、

      改めて「人って面白いな〜」と思ってみたり、

      「自分の中に否定的なメッセージと感じさせる要素って何があるのだろ?」と考えてみたり、

      「この否定的なメッセージが未来に役立つとしたらどう役立つだろう?」と考えてみたり、、、。

      おかげさまで、苦手な人や嫌いな人がいなくなりました^_^

      文才がないので、文章だけだと伝わりにくいかと思いますが、「プラスやマイナスのどちらかに偏るという意識ではなく、どちらかに偏ったら相殺する」「いつも自分の軸に立ち返る」という考え方をちょっと持ってみるといいかもしれませんよ〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.