東北 NO1 人気沸騰中のメンタルトレーナー、セミナー講師の吉田こうじ公式ホームページ

「やらされ感」を生み出す4つの意識レベルと脱出法 ビジネス心理学

 

研修の仕事をしていると、「やらされ感」という言葉をよく耳にします。

 

それも、仕事のイロハを勉強中の新人の方が「やらされ感」を口にするならわかる

のですが、組織集団を預かる管理職の方が、

「部下に『やらされ感』を感じさせないようにするにはどうすればいいですか?」

みたいな相談をしてくるケースが多いのです。

 

ここで言っている「やらされ感」とはいったい何を指しているのでしょうか?

 

相談を受ける中で気づかされていることは「指示待ち状態」「受け身状態」で、

渋々仕事に取り組む姿勢のことを「やらされ感」と定義している人が多いようです。

 

そこで、こちらの記事では、やらされ感を「指示待ち状態」「受け身状態」という意味

で捉え、どうすれば「やらされ感」に囚われることを防ぐことができるのかについて、

心理的な側面から書いてみたいと思います。

 

人はどういう時に「やらされ感」を感じるのか?

 

 

そもそも、私たちはどんな時に「やらされ感」を持ってしまうのでしょうか?

 

そのもっとも大きな原因は「認めてもらえていないと感じるから」ではないでしょうか?

 

・せっかく頑張っているのに

・こんなに気をつかっているのに

・こんなに自分を犠牲にしているのに

 

なのに「認めてもらえない・・・」こう感じていると、どうしても「やらされ感」が

ムクムクと顔を出すようです。

私たちは「自分は誰かの役に立っている」と思える時、無条件で充実感や満足感を感じ

ます。

つまり「やらされ感」の対極にいることができるのです。

 

ただ、「認めてもらえない」から「やらされ感」と感じてしまう以前に、実はもっと

根本的な原因があることに気づかされています。

 

その根本的な原因とはなんでしょうか?

 

それは「動機の種類」です。

 

文字通り「やらされ感」ですから、「やるべきこと」「やらなければならないこと」

があるということなのですが、そのやらなければならないことに対する「動機」に

よって、ネガティブに受け取ったり、ポジティブに受け取ったりということが起きる

ようです。

 

その動機には4段階があると考えてます。

 

1、被害者意識

2、義務感

3、責任感

4、使命感

 

では、一つずつ見ていきましょう。

 

1、被害者意識

これは言うまでもなく、誰か加害者がいて、その加害者のせいで「やりたくないのに

やらなければならない状況に追い詰められている」という意識です。

こうした意識状態の時、「やってみよう!」「やってみたい!」という主体性は持ち

合わせていません。

せっかく労力をかけていても、心の中は無力感で一杯です。

 

2、義務感

被害者意識までは至っていませんが、こちらも「やりたい!」といった主体的な動機

までは至っていません。

「やらないとマズイよね・・・」「やらないと怒られるよね・・・」こんな具合に、

自分に何らかの不快なことが起きることを避けるためにやっているという意識です。

 

この被害者意識と義務感の2つが、いわゆる「やらされ感」の元凶と言えます。

 

3、責任感

ここにきて初めて「自分がやってみたいから、やらなければならない」と言った

主体性が発揮されてきます。

やりたい理由、やらなければならない自分なりの動機が明確になっている状態です。

責任感で行動している時には「やらされ感」は持ち合わせていません。

 

4、使命感

ここまでくると「これをやるのは、自分以外に他に誰がいる?」くらい、動機にも勢い

が付いています。

誰かに何か批判的なことを言われたとしても、止まることなくどんどん行動できます。

当の本人にとっては、やらないことの方が苦痛になっている意識状態と言えます。

 

これら4つを図解で整理したものがこちら。

 

 

こちらの図は、よく僕が企業研修でモチベーションの構造を説明する際に使っている

ものです。

これら4つの意識状態は常に「固定」されているものではなく、その時の気分(感情)

や環境に影響を受けて変動します。

 

特に、「義務感」と「責任感」の間には、明確にどちらとも言えないグレーゾーンが

存在していて、当初は責任感でやっていたことが、いつの間にか「やらされている」と

感じながら行動していることがありがちだということも、多くの方へのインタビューで

気づかされています。

 

 

どうすれば「やらされ感」を払拭できるのか?

 

 

では、結局のところ、どうすれば「やらされ感」を払拭できるのでしょうか?

 

実は答えは至って簡単です。

 

それは、

 

✔︎ それを率先してやることで「今」生じる、自分や周りにとってのメリット

✔︎ それをやらないことで「今」生じる、自分や周りにとってのデメリット

✔︎ それを率先やることで「未来」に生じる、自分や周りにとってのメリット

✔︎ それをやらないことで「未来」に生じる、自分や周りにとってのデメリット

 

これらを洗い出して、自分なりの「動機」を明確にすることです。

 

例えば、

 

✔︎ それを率先してやることで「今」生じる、自分や周りにとってのメリット

・自分の評価が高まる

・自分がやることで周りに余計な負担がかからない

 

✔︎ それをやらないことで「今」生じる、自分や周りにとってのデメリット

「面倒くさいやつだ」と評価が下がる

・自分がやらないことで、他の誰かにしわ寄せがいく

 

✔︎ それを率先してやることで「未来」に生じる、自分や周りにとってのメリット

・やり続けていると大きなチャンスに巡り合えるかもしれない

・自分が率先してやっていれば、周りも率先して動いてくれるようになる

 

✔︎ それをやらないことで「未来」に生じる、自分や周りにとってのデメリット

・どんどん仕事が任されなくなる

・周りの人が離れていく

 

こんな具合です。

 

 

動機(モチベーション)は創り出せる

 

 

人生に成功する秘訣は、自分が好む仕事をすることではなく、自分のやっている仕事を好きになることである  ゲーテ

 

文豪ゲーテはこう言ってます。

どんな理由で始めたにせよ、今、自分がやっている仕事を好きになれない状況にいると

今、やっていることに何の理由(目的、動機)が見出せないと、どんどん自己肯定感を

下げてしまいます。

 

コーチングやカウンセリングのセッションをしていて気づかされていることは、

動機が見つからないのではなくて、動機を見つけるエネルギーがないだけだということ。

 

・どうせ何をやってもうまくいかないし…

・どうせみんなから嫌われてるし…

・どうせ評価してくれないし…

 

こんなふうにエネルギーがダウンしちゃっていて、見つかるものも見つからないという

ケースがとても多いと感じてます。

上司からの業務命令に対して「どうして自分がやらなきゃならないの?」と感じながら

仕事をしていると、どんどん被害者意識を強くしていきます。

被害者意識が強くなると『自己肯定感』も低下します。

 

ですから、「どうして自分が…」と感じた瞬間、「ちょっと待て!」と自分の思考を一旦

中断しましょう。

そして、中断したなら、前述した質問の答えを洗い出してみましょう。

前述した通り、動機(モチベーション)はいくらでも創りだせます。

 

動機が明らかにすれば、「やらされ感」から抜け出せますよ。

 

 

こちらの無料メールセミナーで、あなたの人生の「動機」を見つけてみませんか?

 

 

東北NO1のメンタルトレーナーによるビジネスに効く研修・講演依頼はこちらから

 

 

One thought on “「やらされ感」を生み出す4つの意識レベルと脱出法 ビジネス心理学

  1. Pingback: 困難にぶち当たった時に触れたい名言~帝一の國編~ | Healthcare

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.