東北 NO1 人気沸騰中のメンタルトレーナー、セミナー講師の吉田こうじ公式ホームページ

自己肯定感をアップする7つの習慣マスター講座

 

 

他人軸に支配され振り回され続けた人生を手放し

 

なにかをしていても、していなくても

なにかを知っていても、知らなくても

なにかを持っていても、持っていなくても

なにかができても、できなくても…

 

自分の未来に無限大の可能性を感じ

自分にも他人にもOKを出せる

 

自分を否定する自分を浄化し

自己肯定感をアップする

7つの習慣をマスターして

 

「いま、この瞬間」から輝く人生を

生きてみたい人はいませんか?!

 

 

 

あなたは自己肯定力の高さを意識したことはありますか?

 

日々生きている中で、楽しそうに人生を歩んでいる人、

仕事で成果をあげたり、人間関係が良好で、

自分の望みや夢を次々と実現していく人と、そうでない人の違いは、

環境や才能、能力以前に、実は自己肯定感の高さに大きく左右されています。

 

 

一生懸命に何かを成し遂げる努力をしても、そのベースに自己肯定感がないと、

その努力はなかなか報われず、実現することが難しくなります。

 

 

それどころか、努力して頑張るほど余計に苦しくなったり、

望ましくない結果を生み出してしまうのです。

 

 

「自己肯定感」は、良好な人間関係を築いたり

仕事で望ましい結果を出すことにとどまらず、

自己実現や夢を叶えるための「土台」となるものです。

 

この感覚が高まると、無条件で自分を信頼し、

自分の可能性を信じることができるようになり、

結果として、あなたの人生の質に大きく影響していくのです。

 

 

ですから、自己肯定感が人生に及ぼす影響を理解し、自己肯定感を高めて歩む人の人生と、

そうでない人の人生とでは全く歩む人生が変わります

 

人生で見るもの、聞くもの、感じるもの、体験し受け取るものが全く違ってくるのです。

 

 

 

そこで今回は、あなたの自己肯定感を高め、

自分軸の人生に生まれ変わる提案をさせていただくためにこの講座を開催します。

 

 

 

どんな講座なのか、という内容の前に

「自分軸で生きるために自己肯定感がいかに大事か」について、

プロのメンタルトレーナーとしてお伝えしたいと思います。

 

 

自己肯定感って?

 

 

『自己肯定感』とは、ありのままの自分自身について

「価値がある大切な存在だ」

「生きている意味がある」

「社会から必要とされている」

 

といった考え方を持っている自分自身を

丸っと受け入れ肯定できる感覚のことです。

 

 

例えば、何かに挑戦しようとするとき

 

自己肯定感が高い人は「自分ならできる」「失敗したって大丈夫、なんとかなる」と

自然に思えるでしょうし、 

 

自己肯定感が低い人は「自分にはできない」「失敗したらどうしよう」などと思い、

動けなるかもしれません。

 

 

例えば、何かに失敗したとき

 

自己肯定感が高い人は「次こそは成功できる」「次は挽回するぞ!」と

失敗から前向きな学びを得て前進できるでしょうし、 

 

自己肯定感が低い人は「やっぱり上手くいかない」「どうせ自分には無理なんだ…」

などと思って、失敗から得たネガティブな学びを強化し、

自身の可能性を制限してしまうかもしれません。

 

 

例えば、誰かに否定されたとき

 

自己肯定感が高い人は「そういう視点もあるのか!」

「人それぞれ価値観があるから面白い!」と思って、

イライラしたり落ち込んだりすることなく、自分の視野を広げようとするでしょうし、

 

自己肯定感が低い人は「どうして誰も分かってくれないんだ!」

「どうせ自分の考えなんか誰にも相手にされない…」などと思って、

イライラしたり、落ち込んだり、スネて内に引きこもってしまうかもしれません。

 

 

例えば、何かを選択、決断するとき

 

自己肯定感が高い人は、「私にとってこれが大切だから」

「私にとってこれだけは絶対に譲れないから」と、

自分の価値基準によって選択、決断するでしょうし、

 

自己肯定感が低い人は、「この選択(決断)をしたら、周りはなんていうだろう?」

「この選択(決断)だったら、これまで以上に評価されるのだろうか?」などと、

周りの顔色や評価ばかりを気にしてしまい、

「本当の私は一体何がしたいんだろう?」といった自分自身(自分軸)を

見失ってしまうかもしれません。

 

 

 

どちらが正しいとか間違っているというお話ではなく、

どちらの方が未来志向で自分の可能性を広げられそうかはお分かりいただけるでしょう。

 

 

こんなふうに『自己肯定感』を高めると

 

他人の評価や感情に振り回されることなく

いちいちイラついたり落ち込んだりすることなく、

見える景色は色鮮やかになり、

自分の未来に無限大の可能性を感じながら、

自分にも他人にもOKを出せるようになるので

「いま、この瞬間」から未来が輝くのです!

 

 

 

このページを見ているあなたは、きっと、いまこんなことで悩んでいることでしょう。

 

 

【あなたはこんなことで悩んでいませんか?】

 

 

☑︎他人からの評価が気になって仕方ない

☑︎自分の意見がなかなか言えない

☑︎自分に何か役割を与えていないと落ち着かない

☑︎人からの頼まれごとにノーと言えない

☑︎人と会うことが苦手で疲れる

☑︎意見を求められると頭が真っ白になる

☑︎自分のことが好きじゃない

☑︎自分なんか生まれてこなきゃよかったと思う

☑︎自分は誰からも必要とされていないと思う

☑︎自分の顔や姿が嫌い

☑︎自信を持てるものがない

☑︎人前で話すときに過度に緊張したり、あがったりする

☑︎大抵の人がやれる程度のことも自分には無理だと思う

☑︎ミスをして落ち込むと、なかなか浮上できない

☑︎人のやり方が自分と違っていると身動きが取れなくなる

☑︎基本的に人を信用できない

☑︎自己主張したり、経済的に豊かになってはいけないと思う

☑︎他人の幸せを素直に喜べない。むしろ憤りを感じる

☑︎自分には物事を決める権利がないと思う

☑︎幸せとは誰かにしてもらうことだ

☑︎周りの期待に応えられない自分には価値がない

☑︎どんな人にも嫌われてはいけない

☑︎どんな状況でも人に迷惑をかけてはいけない

☑︎いつだってちゃんとしなくてはいけない

☑︎自分には何か大切なものが欠けていると思う

☑︎完璧じゃなければ意味がない

☑︎自分のせいでお母さんは可哀想だと思う

 

これらのうち、一つでも共感する部分、気になった部分があったのなら、

もうしばらくだけお付き合いください。

 

 

 

ですが、「私には全く関係ない世界の話だ」と思ったのであれば、

ここから先を読み進めていただく必要はありません。

 

なぜなら、そう思っている方には、私がお役に立てることがないからです。

限りある大切な時間を頂戴して読み進めていただくのは忍びないので、

右上の「×」をクリックして、すみやかにこのページを閉じていただければと思います。

 

 

そして、ここから先は、自分を変える心の準備ができている

あなただけ読み進めていただければと思います。

 

 

他人軸の人生とは車のハンドルを他人が握っているようなもの

 

 

実際、人からの評価を気にして本当の自分を見失っている人は少なくありません。

 

いつも他人の顔色を窺っては、嫌われないように、評価を下げられないように、

内心ビクビクオドオドしながらも、なんとかして自分を強く大きく見せては

注目を浴びようと無理して背伸びする…

 

人からどう思われるかばかり考えていると、自分らしく生きられず、

自分の意見さえ持てなくなってしまいます。

 

それどころか、自分は本当は何がしたいのか、

何が好きなのかすらもわからなくなってしまいます。

 

周りから評価されるため、賞賛されるためだけに頑張っているので、

自分のそばに自分を評価してくれる人、称賛してくれる人、

気にかけてくれるがいないと不安になります。

 

言い換えると「誰かに依存すること」で自分を保っているので、

いつまで経っても自立ができないのです。

 

例えるなら、人生という長い旅を走るための車のハンドルを

いつも他人が握っている状態で走っているのが自己肯定感が低い人なのです。

 

では、どうすれば自己肯定感を高めることができるのでしょうか?

どうすれば、自己否定ばかりの自分を浄化することができるのでしょうか?

 

 

 

どうすれば自己肯定感を高くすることができるの?

 

 

矛盾するようですが、

「自己肯定感を頑張って高めよう!」そう思ったあなたは要注意です!

逆に自己肯定感が下がってしまう可能性があるのです。

 

なぜなら、自己肯定感を高めようと意識するということは、

「いまのままの自分じゃダメなんだ!」と自己否定感を

強く意識することに他ならないからです。

 

「私はここにいてもいいんだ」

「私も役立てるんだ」

「私だからこそできることがあるんだ」

「私は愛されているんだ」

 

こんなふうに心が満たされる状態、安心できる状態にあると、

自己肯定感は自然と高まるのです。

 

 

例えばあなたが、

職場のAさんから陰口を言われているらしいと同僚のBさんから聞いたとき、

あなただったらAさんに対してどんなことを思うでしょうか?

 

「陰口を言うなんて卑怯な人だ!」と思いイライラするかもしれませんし、

「どうせ私のことなんて誰も好きになんかなってくれない」と思うかもしれません。

 

あるいは、

 

「もしかしたらBさんも一緒になって私の悪口を言っていたのかも…」

と思い会社に行くことが怖くなってしまうかもしれません。

 

また、

 

もしかしたらあなたとAさんとの仲を

悪くさせようとBさんが嘘を言ったのかもしれないし、

 

Bさんが「悪口」とただ解釈しただけのことかもしれないし、

 

たまたまAさんがあなたに対して何か誤解をしていただけなのかもしれない…

 

そう思うかもしれません。

 

 

私たちは普段、冷静に客観的に事実を見ているように思っていますが、

実際には、目には直接は見えていない、耳には聞こえてこない、

色々な背景にまで意識を向けながら「主観」で物事を捉えています。

 

 

自己肯定感が低い状態の時には、

物事の捉え方がとても狭く、かつ否定的(後ろ向き)になりがちです。

 

 

ところが、自己肯定感が高まると、

物事を色々な側面から吟味し、様々な選択肢の中から

自由に選択することができるようになるのです。

 

 

この講座では、

 

自分をいろいろな角度から見つめ直してみる

その上で、長所、短所も含めた“今の私”を受け止め、認めてあげる

自分を認めるのと同じように、他人には他人の価値観があるということを尊重する

 

それによってあなたが、ありのままの自分に価値があると自然に思えるようになり、

自分軸で選択・決断できる自立した心の在り方になるための方法を

トレーニングによって身につけ、素晴らしい人間関係を築き、

本当にやりたいことで毎日を楽しむための、

メンタルトレーナーの吉田こうじによる特別なレッスンです。

 

 

 

自己肯定感をアップさせることで得られるメリット

 

 

・失敗を恐れなくなる勇気を持てるようになる

 

自己肯定感が低い人は、何かを始めるとき「失敗したらどうしよう」と考え、

不安にとらわれてなかなか行動を起こすことができません。

 

ですが、自己肯定感が高まると、

何かを始めるとき「成功するにはどうすればいいだろう?」と考えるようになり、

素早く行動できるようになります。

 

素早く行動を起こせるので、それだけ素早く欲しいものが手に入るようになります。

 

また、仮にうまくいかなかったとしても「失敗からの肯定的な学び」を得て、

その学びを次に活かせるようになります。

 

この流れは成功を引き寄せるためには欠かすことができない流れと言えるでしょう。

 

 

・人生には可能性しかないと思えるようになる

 

自己肯定感が低いときは「いかに失敗しないか」「いかに評価を下げられないか」

にフォーカスしていますが、

 

自己肯定感が高くなると「うまくいっても、いかなくても自分は大丈夫」と

思えるので、自然と前向きな向上心を持てるようになります。

 

前向きな向上心が持てるようになると、人生には無限の可能性しかないことに気づけます。

 

「こうするべき」「こうするべきじゃない」「こうするしかない」といった、

MUST思考から抜け出し、

「こうしたい」「こうありたい」という方向に

人生のハンドルを切ることができるようになるのです。

 

 

 

・周りの顔色に右往左往することがなくなる

 

自己肯定感が低いときは、

誰かに褒められたり賞賛されない自分には価値がないと思います。

 

自分に自信が持てないので、いつも周りの顔色を伺っては

周りに評価されるために自分の時間、お金、エネルギーを費やします。

つまり、人生のハンドルを他人に握られているのです。

 

でも、自己肯定感が高くなると、周りの評価や声を

「数ある情報の一つ」として客観的に捉えることができるので、

自分が進みたい人生の方向性の舵は自分が握ったままでいられます。

 

周りと自分を比較しては右往左往したり、

周りに合わせることで後悔することがなくなります。

 

 

・自分と相手の間に境界線を引くことができる

 

自己肯定感が低いときは、

周りからの声や評価に一喜一憂してばかりでとても疲れます。

いつも周りの顔色を伺っては、

自分の感情まで周りにコントロールされてしまっているので、

自分の人生を生きているという実感をまるで持てないのです。

 

ですが、自己肯定感が高くなると「他人は他人、自分は自分」と

明確な境界線を引くことができるようになります。

 

周りから過度なプレッシャーを感じることなく、

自分らしくのびのびと生きることができるのです。

 

 

 

・感情をコントロールできるようになる

 

他人軸で生きているうちは、何かと「我慢」を強いられます。

「やるべきこと」や「やるしかないこと」ばかりの毎日は、

怒りや無価値感などのネガティブな感情をずっと抑圧し続けているので、

ちょっとしたことでネガティブな感情を爆発させるスイッチが入ります

 

ですが、自己肯定感が高くなると、自分の本音を抑圧することがなくなります。

自分で感情をしっかりとハンドリングすることができるようになるのです。

 

 

 

・思考をコントロールできるようになる

 

何かを始める際に「失敗したらどうしよう…」などと考えて、

いつまで経っても行動できないといったことがなくなります。

なぜなら「失敗から学んだことは次に活かして改善しよう」と

自然に思えるようになるからです。

 

また、物事の見方(解釈)に柔軟性が持てるようになるため、

状況を素直に客観的に受け止め、冷静に対応できるようになります。

 

これまでならネガティブな思考に囚われ、

身動きな取れなくなるような状況に陥ったとしても、

そこから抜け出すことが容易にできるようになります。

 

 

 

・周りに不愉快な人がいなくなる

 

自己肯定感が低く他人軸で人生を生きていると、

自己肯定感が低いことを利用してなんらかの利益を得ようとする

嫌な人を身近に引き寄せてしまうのです。

 

何かとイライラさせられたり傷つけられたり…。

 

ですが、自己肯定感が高まり、自分にも他人にもOKが出せるようになると、

同じように自己肯定感の高い人を引き寄せます

 

自己肯定感の低い人には近づきがたい存在になるため、

あなたの大切な時間を不愉快な思考や感情で無駄にしてしまうことがなくなります。

 

 

 

自己肯定感はいつからでも高めることができる

 

 

 

この講座ではスキル(技術)として

「自己肯定感」を高める方法を習得していただきます。

 

たとえ、これまで育った環境の影響で自己肯定感が低い人でも、

講座で取り組んでいただくトレーニングをしっかりと行っていただければ、

誰でもいつからでも自己肯定感を高めていけるのです。

 

 

このカリキュラム内容は「パーソナル・ミッション」として、

マンツーマンで行なっているセッション内容がベースになっています。

 

これまで、摂食障害、自傷、ボーダー、吃音、恐怖症、強迫、パニック、

不眠、うつ、ミッドライフクライシス、アダルトチルドレンなどなど、

様々な心の問題を抱えた方に共通していることは、自己肯定感が極端に低いこと…。

むしろ自己否定感しかない状態になっているということです。

 

そうした問題を抱えたクライアントの方々とセッションを通して実践され、

その効果が実証されてきたものをさらにブラッシュアップして、

ビジネスや日々の生活に生かしていただくプログラムとなっています。

 

また、講座の中では、自己肯定感が低いことで様々な問題を抱え、

現在、マンツーマンでのセッションを継続中の

実際のクライアントの方にご協力をいただいています。

 

それによって、あなたがバーチャルではなく

リアルなセミナーやセッションに実際に参加しているのと

同じような臨場体験をすることによって、

より学びを深化し加速することが可能となります。

 

頭で理解するだけではなく、体系づけられた様々なワークを通して、

「自己肯定感」が高まる感覚を、ぜひ見て、聞いて、

ご自身の中でしっかりと体感してください。

 

 

カリキュラム抜粋紹介

 

 

1、はじめに

・自己肯定感、自信、自己愛の違いとは? 
・自己肯定感セルフチェックシート
・セルフイメージチェック
・自己肯定感が低いことの弊害
・自己肯定感を高める習慣づくりのポイント

 

2、習慣その1「ありのままの自分と対話し向き合う習慣」

・本音と建前
・ビリーフ

・自己受容と癒し
・強みと弱み

 

3、習慣その2「無意識の抑圧と向き合い手放す習慣(親編)」

・抑圧と反動形成
・リミティング
ビリーフの書き換え

 

4、習慣その3「無意識の抑圧と向き合い手放す習慣(嫌なアイツ編)」

・リミティングビリーフの肯定的な意図とは

 

5、習慣その4「コンフォートゾーンから飛び出そう」

・脱フュージョン
・脱親依存
・パーミッション

 

6、習慣その5「存在価値の再構築」

・自己肯定力ワーク

 

7、習慣その6「命を授かった意味」

・価値観ワーク
・セルフイメージとミッション構築ワーク

 

8、習慣その7「マインドフルネス瞑想」

・慈しみの瞑想

 

9、まとめ

 

 

 

あなたの自己肯定感が高まると、

 

☑︎自分の中に心の拠り所(居場所)を感じることができます

☑︎他人に振り回されることなく、人生のハンドルを自分がしっかりと握っている実感を持てるようになります

☑︎無理して何かを我慢したり、自分だけが犠牲になることがなくなります

☑︎ありのままの自分にも、他人にもOKが出せるようになるので、ネガティブな感情体験が激減します

☑︎あなたと関わる人、あなたを取り巻くすべてに素晴しい影響を与えることができます

☑︎自分の幸福感が高まるだけではなく、身近な人にも、幸せな感覚を感じてもらうことができます

 

 

人生のすべての土台となる「自己肯定感」を高めることは、

あなたが望む人生を成功へと導くための「鍵」そのものなのです。

 

 

いつからでも遅くありません。

 

「自己肯定感」を高める7つの習慣をマスターして、

自分らしく、よりよい生き方を実現し、

あなたの人生をさらに好転させてください。

 

 

 

受講料

 

 

 

 

 

2019年春頃に講座開講予定です

 

お問い合わせはこちら

 

 

mail
お名前
お問い合わせ内容
最終チェック