ありたい自分の実現を応援するメンタルトレーニング

毒親・機能不全家族・愛着問題・アダルトチルドレン 無料メールセミナー

 

TOP

「愛されたい気持ち」「愛したい気持ち」

が満たされていないあなたへ…

 

こちらのページは、毒親・アダルトチルドレン・機能不全家族・愛着問題など、親への「心のわだかまり」によって現実世界に生きづらさを抱えている方が、他人軸の人生を生きるのではなく、「一生役立つ心の武器」を手に入れ、自分軸の人生で心軽やかに豊かで満ち足りた人生を歩みたいと願う方向けの全7回無料メールセミナーの専用ページです。

 

 

 

埋め込まれた心の金縛りから心を自由にする

わかってもらえない心のわだかまりを

一人で抱えてきたあなたへ

強くてしなやかな心を育む

無料メールセミナー

 

 

 

いい子を演じ続けてきたあなたへ

 

 

 

もしかすると、あななたは…

 

自分のような人間は社会のお荷物でどうせ誰も相手にしてくれないと

幼い頃からことあるごとに体験を通して教わってきたり、 

 

叱られるたびに、自分だけのけものにされるたびに

「自分は本当にダメな人間だ」

「こんなことで怒られる自分は普通じゃない」

などと思ってきたことがあるのではありませんか?

 

 

あるいは…

 

 

親はキレるとすごく怖くて、

怒鳴られたり、暗いところに閉じ込められたり、叩かれたり…

 

 

恐怖で心を支配され、反抗することはもちろん、

 

素直に気持ちを伝えることもできず、

 

名前を呼ばれるだけで全神経が凍りついたようになり、

 

親の顔色をうかがっては「いい子」を演じるしかなかったという

経験をしたことがあるのかもしれませんし…

 

 

 

誰にも言えないような家族の秘密を抱え込まされ、

その秘密を隠すために素直さを封印し、

 

逆に不誠実な振る舞いをさせられてきたせいで

ずっと後ろめたさを抱え、大人になっても人付き合いが苦手で、

 

素直に心を開けず、人との距離感がわからない …

 

 

 

物心ついた頃から

満足に構ってもらえた、

気持ちに共感してもらえたことがなく、

そんな自分をことさら卑屈に感じている…

 

 

だから、誰といても、どこにいても

自分の居場所が感じられない…

 

 

いつも違う誰かを演じなければならない…

 

 

 

そうしたことで生きづらさを抱えているのではありませんか?

 

 

なのに…

 

 

 

普通の人とは人生のスタートラインが全く違っていることを、

誰も理解しようとはしてくれない…。

 

 

それでも人一倍頑張って、

嫌われないように、周りに波風を立てないように、

自分を消してひっそり 目立たないようにもしてきた。

 

 

周りの顔色に敏感に反応するように努力もしてきた。

 

 

誰からも突っ込まれないように、

いつもちゃんとしている自分でいるように頑張ってきた。 

 

そうすれば、いつか誰かが私に救いの手を差し伸べてくれると信じてた…。 

 

 

けれど、ふと気がつくと、いつもいいように周りに利用され、

一方的に振り回されては心がすり減っていくばかり…。

 

 

「これが私の運命なのか…」

 

そんなふうに人生を呪ったこともあるのではありませんか?

 

 

 

もちろん親は神様ではないし、

親である前に感情を持った一人の人間である以上、

100%子供の思い通りになりっこないこともわかっている。

 

 

 

普通とは違うけれど、

きっと親なりのやり方で私のことを愛してくれているとは思う。

 

だって、大人になるまで育ててくれたのだから …。

 

 

だから、周りがいうように、親に感謝しなければと

何度も自分に言い聞かせてきたことがあるのではありませんか?

 

いつかきっと私のことを理解してくれる。

 

互いに分かり合える…。

 

 

そんな日が来ると信じて、一生懸命、

いい子を演じながら頑張って耐えてきた…。

 

 

けれど、もう限界…。

 

 

そうした重苦しさを抱えているのではありませんか?

 

 

 

自分の居場所を求めて彷徨ってばかりの人生

 

 

親と一緒の空気を吸っているだけで気が変になりそうで、

実家にはもう足を踏み入れたくない。 

 

 

どうせ親の人間性はいつになっても変わらないし、

どこまでいっても、きっとわかりあうことなんてできっこない。 

 

 

心が張り裂けそうなくらい悲しいことだけれど、

あの親に普通の親子関係を望むのは生涯無理ということは、

実はもう薄々気づいている…。 

 

 

だから、必要最低限以上の連絡はとらないようにしているし、

このまま親と、いっさい関わらずに済むのなら

どれくらい心が軽くなるのだろうと

これまで何度も夢見てきたのではありませんか?

 

 

 

でも…

 

 

心のどこかでは、やっぱり親のことを

 

許したい自分

 

心配している自分

 

優しくしてあげたい自分

 

喜んでもらいたい自分

 

一人前だと認めてほしい自分

 

優しく受け入れてもらいたい自分もいる…。

 

 

そうやって、親のことを想像してはゲンナリすることだって

もう嫌というほどわかっているのに、

ふと気がつくと心の中は親のことばかり…。

 

 

そんな心のモヤモヤをなんとかしたくて、

あなたはこのページに辿り着いたのではありませんか?

 

 

「あの人のために生きているわけじゃない!」 

「もっと自分の好きなように自由に生きてみたい!」 

 

 

そう願っているからこそ、

あなたはこのページをご覧いただいたのではありませんか?

 

 

 

せっかくここまでお読み頂いたのですから、

細かいことは抜きにして、次の項目の該当する箇所に

直感的にチェックを入れてみてください。

 

 

◻︎当時の家庭環境のことは誰にも話せないと思う 

 

◻︎当時の家庭環境について話したら周りにドン引きされたことがある 

 

◻︎私がなんとかしなければ、家族は崩壊すると思う 

 

◻︎私が我慢していれば、家族の間に波風が立つことはないはず 

 

◻︎私が頑張ってさえいれば、いつかは普通の家族になれるはず 

 

◻︎家族や親族の中で、私だけかなり浮いていると思う 

 

◻︎私も他の兄弟(姉妹)のように、うまく立ち振る舞えたらと思う 

 

◻︎「誰か私を助けて」と声に出して言えない 

 

◻︎「誰か私を愛して」と声に出そうとするだけで泣きたくなる 

 

◻︎自分の人生を生きている実感を持ったことがない

 

◻︎親は社会的に立派で完璧だと思う 

 

◻︎「自己肯定感」という言葉に訳もなく違和感を感じる 

 

◻︎「自分の幸せ」を考えると、反射的に頭の中に「ムリ」「ダメ」と思い浮かぶ 

 

◻︎自分に対する周りの評価が人一倍気になる 

 

◻︎どんな距離感で周りの人と接していいのかわからない 

 

◻︎「自分がやりたいこと」を親に聞かれたことも応援されたことがない 

 

◻︎他人の顔色を人一倍敏感に察知する自信がある 

 

◻︎「普通の家庭」「普通の親」というキーワードに心がザワつく 

 

◻︎昔のアルバムを見たいと思わない 

 

◻︎幼少期の自分をイメージすると、なんとも切なくなる 

 

◻︎理不尽なこと、不正義なことにとても心がザワつく 

 

◻︎親からひどく理不尽な言動をされたことを今でも覚えている 

 

◻︎「絆」「愛」をテーマにしたドラマや映画が絵空事のように感じる 

 

◻︎幼い頃からどこにも自分の居場所を感じたことがない 

 

◻︎素直に人に頼れない、頼り方が分からない 

 

◻︎周りに振り回され、自分ばかり損ばかりしていると感じる 

 

◻︎誰にも言えない家族の秘密がある 

 

◻︎社会は危険で安心できる場所じゃないと根拠なく思っている

 

◻︎心を許せる相手、真実を打ち明けられる相手がいない 

 

◻︎兄弟(姉妹)関係がかなり悪い。なにかと競い合っている 

 

◻︎兄弟(姉妹)に不幸なことがあると心の中で「ざまみろ」と思う 

 

◻︎人付き合いが怖いしシンドイから、しかたなく一人でいる 

 

◻︎何かあると、反射的に「自分のせい」「私がなんとかしなきゃ」と思う 

 

◻︎何かを選択する際、思わず「親はどう思うだろう?」と考えてしまう 

 

◻︎周りの人が自分の手の届かない遥か先を行っているように見える 

 

◻︎ふと気づくと親から連絡がこないことにホッとしている自分がいる 

 

◻︎友達や恋人、自分の子供には、できれば親を紹介したくない 

 

◻︎自分に非がある場合でも素直に人に謝れない。言い訳を言うか黙りこむ 

 

◻︎自分は明らかに「毒親育ち」「毒親サバイバー」だと思っている 

 

◻︎親がかなりシンドイ。ぶっちゃけ、いっそのこと早く死んでくれたらいいのにと思うことがある 

 

◻︎毒親、アダルトチルドレン、愛着、共依存など、親子関係と心の問題に関する本を何冊か読んだことがある

 

チェックは以上となります。

 

 

もしも5つ以上にチェックが入ったなら、これまであなたが抱えてきた

「生きづらさ」「しんどさ」「ミジメさ」「心のわだかまり」「心のモヤモヤ」

の解消に役立つ大切なヒントがこの先に書いてあるので

もうしばらくお付き合いください。

 

 

当事者以外には理解できない心の痛み

 

 

毒親育ちの人、機能不全家族で育った人が心に抱える痛みや苦しみを、

普通の家庭で育った人に理解してもらうことは、

小学生に因数分解を理解してもらうよりも

ある意味難しいことと言えます。

 

 

 

なぜなら、そもそも現実世界の「前提」が違っているのですから…。

 

 

 

 

ですので、誰かに愚痴を言えば、

 

「どこの家族だってそんなもの。あなたも親になれば親の苦労がわかるよ」 

 

「色々あったとしても、もう終わったことなんだし、親だって悪気があったわけじゃないと思うよ」

 

「いつまでも子供みたいに拗ねていないで、いい加減に許してあげてもいいんじゃない?」

 

「それよりも、 これまで育ててくれたことに感謝したほうがいいんじゃない?」

 

と、自分がまるで意固地で意地悪な親不孝者のように言われてしまう…。 

 

 

そこでムキになって、具体的なエピソードを赤裸々に語った日には、

思いっきりドン引きされる…。

 

そんな経験をあなたもしたことがあるかもしれません。

 

 

ぶっちゃけ、

「親に感謝する」「親を大切にする」「親を敬愛する」

こうしたことが、親に対する子どもの普通の気持ちと

当然のように思えるのは、

 

適切な環境で育てられ、安定した愛着形成ができている人だからです。 

 

 

ですから、

たとえ他の人たちと同じように親のことを思えないからといって、

自分のことを恥ずかしく思う必要も、責める必要もこれっぽっちもありません。

 

 

むしろ、過酷な環境の中で、よく一人で頑張って耐えてきましたねと

あなたを称賛する気持ちで一杯です。

 

 

 

だからといって、

全ての責任は親にあると、一方的に親を断罪するつもりもありません。

 

あなたは何も悪くないなどと、

耳障りのいい慰めの言葉を続けることで、

過去にやりこしてきた人生の課題から目を背けさせるような

真似をするつもりもありません。

 

 

むしろ私はここで、あなたにある決断を迫るつもりです。

 

 

なぜなら、限りある大切な人生の時間を、

ほんのわずかでもあなたに無駄に使って欲しくないからです。

 

 

自分軸の人生にシフトする決断

 

 

 

では、あなたに何を決断していただきたいのでしょうか?

その決断とは、ズバリ

 

自分軸の人生にシフトする決断」

 

です。

 

 

念の為、誤解のないように触れておきますが、

「自分軸の人生にシフトする決断」とは、

 

・親に責任を丸投げして、自分は好き勝手にすること。

 

・過去にされてきたことについて親に復讐を誓うこと。

 

・親を合法的に社会から抹殺すること。

 

・親を見捨てること。

 

・親と絶縁を誓うこと。

 

・親から逃げること。

 

などではありません。

 

 

ですので、もしもあなたが

「合法的に絶縁にできる方法を知りたい」

という方向で既に腹が決まっているのであれば、

このページのことは綺麗さっぱり忘れていただいて結構です。

 

 

なぜなら、このメールセミナーではそういった要望に

お応えすることができないからです。

 

「法テラス」など、まずは無料弁護士相談を利用してみることをお勧めします。

 

 

ここまでお読みいただき本当にありがとうございました…。

 

 

 

ですが、もしもあなたが「復讐」「絶縁」「親捨て」「逃避」などではなく、

 

自立した一人の人間としての尊厳を取り戻し、

 

誰といても、どこにいても自分らしく

 

ブレない軸で生きる術を知りたいということであれば、

 

ここからは1行も読み飛ばさずに真剣にお付き合いいただければと思います。

 

 

責任の所在を明らかにすること

 

 

 

実のところ、あなたはこれまで、

 

親に気持ちをわかってもらおうとして抵抗を試みたり、

 

親と距離をおくことで毒の影響を弱めようとしたり、

 

「もう終わったこと…」

 

「お互いにきっとボタンのかけ違いがあっただけ…」

 

と自分を慰め、過去を許し受け入れようとした経験があるのではありませんか?

 

 

これまでも「毒親」や「アダルトチルドレン」関連のブログ記事や本を読んだり、

カウンセリングを受けるなどして、心の重しを取り除き、

心の自由を手に入れるために色々と試行錯誤もしてきたと思います。

 

 

そうやって自身がおかれてきた不健全な親子関係の全体像を、

客観的な視点から見てみることはとても大切なことです。 

 

 

特に、自分を責めてしまう心の金縛りを埋め込まれた方にとっては、

不健全な親子関係を分析し、

 

「全てが自分の責任ではない」

 

ということを理解することは、

それだけでも大きな心の救いになるはずです。

 

 

 

実際、どこまでが親や養育環境の責任なのかを明らかにすることは、

強くてしなやかな心を手に入れるための重要な要素の一つと言えます。

 

 

なぜなら、本来背負う必要のない責任をおろすことは、

前向きに人生を生きるための心の余裕をもたらすからです。

 

 

ですが、生きづらさを抱える元となった責任を追求し、

その所在を特定することと、

心の傷を癒すこと、問題を解決することは全く違う次元の話です。

 

 

だからこそ、まずはあなたに

「自分軸の人生にシフトする決断」

をして欲しいのです。

 

 

とはいえ、あなたは「決断」といった面倒なことはいいから、

とにかく毒親の心理的、物理的な支配から

自分を解放できればそれでいいと思っているかもしれません。

 

 

実際、毒親による心理的呪縛、物理的拘束からの解放は

差し当たっての重要なゴールと言えます。 

 

 

一生役立つ心の武器

 

 

 

そういう意味では、

心の傷が深くなって生活に支障をきたしてしまう前に、できる限り

 

「親と物理的に距離をおく」

 

「親とのコミュニ ケーションを避ける」

 

といった緊急手段を講じることは大切です。

 

 

ですが、それはあくまでも緊急手段であって目的ではありません。

 

 

あなたは親から逃げながら、

いつも親の影に怯え、親の心理的な影響を受け続け、

心に安らぎを得られない毎日をこの先ずっと続けようとは

思っていないはずです。

 

 

本メールセミナーの目的は究極のところ、あなたに

 

「一生役立つ心の武器」

 

を手に入れてもらうことにほかなりません。 

 

 

ずっとビクビクしながら逃げ回っていて、

どうやって「自分らしい生き方」ができるでのしょうか?

 

 

そもそもあなたは、逃げ回りたいのではなく、 

 

「誰かに自分を必要とされたい」

 

「誰かに自分を役立てたい」

 

「誰かに強く思われたい」

 

「大切な人と強い絆でつながりたい」

 

「生まれてきた意味や目的を知り、その人生を全うしたい」

 

「自分という存在に自ら価値を感じながら人生を満喫したい」 

 

こうした自分を実現したいのではありませんか?

 

 

そうした自己実現をしたいと願っているのに、

 

むしろ自ら幸せから遠ざかる行為をしてしまっている気がする…。

 

 

そうやって「満たされることのない自分」を再確認し

人生をあてもなく彷徨っている…。

 

そんな感覚を持っていたりはしませんか?

 

 

そのような悩ましい現実を終わりにするには、

 

「強くてしなやかな心」を育むことは避けて通れません。

 

そのためには、やり残したままの「人生の課題」

クリアする必要があります。

 

 

 

そのとっかかりが本メールセミナーです。

 

 

 

今、「とっかかり」とあえて言わせていただいたのには理由があります。

 

 

 

それは、親、機能不全家族など養育環境によって埋め込まれた

 

「心の金縛り」「毒の影響」「生きづらさ」

 

などは、あくまでも「その人オリジナルの悩み(課題)」であって、

全て網羅することは、正直申し上げて解消が難しいからです。

 

 

テレビを見ながら、どんな人でも

簡単にスリムなボディを手に入れることができます^^

 

 

といったテレビショピングのCMのようにはいかないのです。

 

 

このことについては、

これまで毒親問題やアダルトチルドレン、

愛着問題などについて色々と学んできた方であれば、

よくお分かりかと思います。

 

 

メールセミナー学びのスタイル

 

 

 

そこで、本メールセミナーでは次のようなスタイルで、

ご登録いただいたメールアドレスにメールをお届けします。

 

1回目心の金縛りをチェックする

 

2回目心の防衛機制チェック

 

3回目満たされないニーズと他人軸との関係について

 

4回目共依存チェック

 

5回目毒の内面化と認知的不協和について

 

6回目毒の連鎖チェック

 

7回目強くしなやかな心を育む決意をしたあなたへ

 

 

本メールセミナーは全7回で完結します。

(※途中、価値ある動画セミナーも挟みます)。

 

 

 

たった7回ですが、正直申し上げて、

きっと圧倒的なボリュームに驚かれると思います。

 

 

 

 

なぜなら、既にお話ししたように、

親子関係や養育環境に端を発する心のお悩みは、

あくまでも「その人オリジナルの悩み(課題)」だからです。

 

 

あなたが抱えているオリジナルの

心の悩み、人間関係の悩み、家族や親子関係の悩み…。

 

 

そうした部分に可能な限り対応しようとしたところ、

圧倒的なボリュームと質になってしまいました。

 

 

 

とはいえ、そうした悩みにはいくつかの

「共通パターン」があることも経験上わかっています。

 

 

 

それでも、あくまでもほんの「とっかかり」です。

 

 

ですので、メールセミナーの最終回には、

あなたが強くてしなやかな心を育むことに特化したご案内

させていただきますので、ぜひ楽しみにしていてください。

 

 

この無料メールセミナーでご縁をいただいた皆さんが、

意識できていることも、意識できていないことも含め

人生の課題」にスッキリとケジメをつけ、

強くてしなやかな心を育むきっかけを手にしてもらえれば、

これ以上嬉しいことはありません。

 

 

※本メールセミナーは随時申込受付をしておりますが、講座の開講は月一回の定期開催となっております。

開講日などの詳細はこちらのメールマガジンで適宜行っておりますので、タイミングを逃さないために、こちらのメールマガジンに予めご登録することをお勧めします。

メルマガ詳細

講座申込は随時受付しています。

次回のメールセミナーの開講は

令和5年9月30日(土)です。

     

     

    TOP