東北 NO1 人気沸騰中のメンタルトレーナー、セミナー講師の吉田こうじ公式ホームページ

これで完璧! アファメーションがうまくいかない理由とその対処方法『※引き寄せの法則実践編』

 

 

こんにちは、仙台のメンタルトレナー&心理カウンセラー吉田です。

 

自己実現を加速させるツールのひとつとして、

あなたも『アファメーション』という言葉を聞いたことがあると思います。

 

アファメーションとは、

持って生まれた潜在能力、思い描いている理想、望まれる結果を自分に信じ込ませ、効果的な目標設定を行うことを意味する。

ー ルー・タイス著「アファメーション」 ー

ということ。

 

頭の中にある理想の姿やビジョン、

理想の結果を既に実際に起こっているかのように思い描くことで、

「自分には絶対に実現出来る」という信念を植え付けていくのです。

 

 

今回は、この本来前向きなアファメーションが、

なぜかうまくいかない理由とその対処方法について紹介します。

 

よくあるアファメーションの誤解

 

アファメーションがうまくいかない理由には大きく2つあります。

1つ目は、言葉の使い方です。

これは、「肯定形で表現する」ということが大前提になります。

 

例えば「貧乏になりたくない」こうした否定形の表現はしないということです。

※詳しくはこちらの記事を参考にして下さい。

 

2つ目が、今回のメインコンテンツです。

それは、「自分が使う言葉を本心でどのように感じているか」ということ。

自分の願望を「支えている想い」と言ってもいいでしょう。

 

例えば、このようなアファメーションを作ったとしましょう。

 

「私は十分にお金を持っている」

「私の仕事はとてもうまくいっている」

「私は理想的な体型を手に入れている」

 

これらは、言葉の表現としては「肯定形」ですし、

現在進行形であたかも手に入れているかのように表現されており、

一見すると効果的なアファメーションと思えます。

 

ですが、

「内心ではそう思っていない」「実は本当はかなわないと思っている」

こうしたメンタルの状態では、

いくら肯定形で表現したとしても無意識の「疑念」の方が力が強いので、

このアファメーションはうまくいかないばかりか、

「疑念」が実現化しやすくなってしまいます。

 

「私は十分にお金を持っている」⇒本心⇒「それは違う。財布には千円しか入っていない」

「私の仕事はとてもうまくいっている」⇒本心⇒「それは違う。もう2ヶ月も仕事が入って来ない」

「私は理想的な体型を手に入れている」⇒本心⇒「それは違う。体重は全く減っていない」

 

このような場合、本心で思っていること、

引き寄せたくないことを引き寄せてしまうのです。

 

アファメーションは、その言葉を唱えたりイメージしている時に、

心から気分良くなれるワクワクするようなものでなければうまく機能しないのです。

 

アファメーションをうまく機能させるコツ

 

それは、とてもシンプルな方法を使います。

それは、

私は◯◯の最中(過程、途中)である」

と表現するのです。

 

「私は十分にお金を持つようになる最中である」

「私の仕事はとてもうまくいくようになる最中である」

「私は理想的な体型を手に入れている最中である」

 

こんな感じです。

 

現時点では理想が手に入っていなかったとしても、

それを手に入れたいと望み実現に向かって進んでいるなら、

手に入れる「プロセス段階」にいるということは紛れも無い事実です。

 

つまり「最中」ということを本心から思うことができるということです。

 

そして、よりよいアファメーションにするために

付け加えるといい言葉は、

「感情を表す言葉」をアファメーションに加えるということです。

 

例えば、

 

「私は十分にお金を持つようになる最中にいて、とてもワクワクしている

「私の仕事はとてもうまくいく最中にいると思うと、とてもやる気が出る

「私は自分に自信を持てるようになるために、理想的な体型を手に入れている最中だ」

 

という感じです。

 

理想の状態を「肯定形」で、

「本心から思える」ように「感情も入れながら」書き出し何度も唱えることが、

アファメーションをうまく機能させるためにはとても大切なことです。

 

さらにアファメーションを進化させるコツ

 

実際に叶えたい具体的な目標をアファメーションにするとき、

どうしても無意識が「いまは実現していない」「いまは欠けている」ということに

フォーカスしてしまいうまくいかないときがあります。

 

そんなときは、

メタアウトカム(手に入れたいゴールのさらに先にあるもの)を明確にしましょう。

実はこれが一番の肝になると僕自身は考えています。

 

どういうことかというと、

例えばあなたが「年収1,000万円になりたい」という願望を持っていたなら、

「年収1,000万円になることで本当に手に入れたいものは何か?」

を、ありったけ書き出します。

 

・世界一周旅行にいく

・両親に海外旅行をプレゼントする

・趣味に没頭する

・欲しい車を買う

 

書けるだけ書き出したら、

それを手に入れて最高にハッピーな状態を身体で感じながら、

「年収1,000万円になる途中にいる!」

と何度も唱えるのです。

 

メタアウトカムが明確になると、

その手前にある叶えたいゴールを手に入れやすくなります。

 

ぜひ参考にしてください。

 

 

引き寄せの法則を実践するなら、まずはこちらの無料メール講座をお勧めします。

特典音声セミナー「情熱のアファメーション」も好評です。

引き寄せ.001

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.