東北 NO1 人気沸騰中のメンタルトレーナー、セミナー講師の吉田こうじ公式ホームページ

『なりたい自分』『自己実現』を加速させる簡単にできる自己管理術(セルフマネジメント)4つのステップ

 

こんにちは、メンタルトレーナーの吉田です。

 

私たちは毎日とても忙しい生活を送っています。

片づけるそばから次から次へとやるべきことが増えて、

いつでも時間に追われているのような気分を感じたりしませんか?

 

「やりたいこと」「やるべきこと」などがゴチャゴチャしていると

やるべきことにも集中できなくなります

 

「やるべきこと」は、どの道やらなければなりませんね。

ですが、「やりたいこと」は、やるべきことの量に押されてしまって、

いつまで経ってもやりたい状態のまま先送りになってしまいがちです。

そして、やりたいことができていない自分にストレスを抱えたりします。

 

そこで今回は、

やるべきことに追われることなく、

『なりたい自分』『自己実現』に向けてやりたいことをどんどん行動に起こして、

なりたい自分の実現を加速させるための方法についてです。

 

集中すべき項目を3×3で整理し行動する

 

これからご紹介する方法は、

読むだけでは何の効果もありません。

実際に行動を起こして初めて効果を実感できるものです。

 

では、具体的にいってみましょう。

 

ステップ1

 

まずはじめに、あなたにとっての「なりたい自分」に近づくために必要な要素を

思いつくままどんどん洗い出し、その中から最終的に3つに絞りこみます。

 

例えば、将来はカウンセラーとして独立したいという

「なりたい自分」「理想の姿」があるとしたなら、

1、カウンセリングの知識を学ぶこと

2、カウンセリングのスキルを学ぶこと

3、カウンセリングの経験を積むこと

4、カウンセラーとして独立している人とコンタクトを取ること

5、独立に向けて資金を確保すること

6、集客について学ぶこと

7、、、、

こんな具合にどんどんまずは洗い出します。

 

そうしたなら、洗い出した中からとりあえず3つを抽出します。

 

ステップ2

 

抽出した3つについて

「いくつも選択できる中で、なぜそれを選んだのか?」

の理由を明確にします。

理由が明確化されると、行動に駆り立てる推進力をパワーアップすることができます

 

ステップ3

 

今度は抽出した3つの要素に対して、

具体的なアクションプランを幾つも洗い出し、

そこから3つ選んでセットします。

これは「具体的な行動ベースでセットする」ことがポイントです。

上の例で言うなら、

1、カウンセリングの知識を学ぶこと


1)カウンセリングの本をアマゾンで探して星3つ以上ならとにかく買う

2)1週間に1冊のペースで読破する

3)本を読んでためになった部分を週一回ブログにアウトプットする

 

このようにして、具体的なアクション策を3つの要素に対して、

さらに3つ立てていきます。

つまり全部で9項目になるということです。

 

それと、9つの項目については、

「いつまでに完了させるのか」という期限を必ず設けましょう。

 

 

ステップ4

 

そして、ここが一番のポイントです。

 

『行動を起こす理由を考える習慣付け』をすることです。

 

やらない理由、やれないはすぐに思いつきます。

ですから、意識して『やりたい理由』『いまやる理由』を明らかにすることが大切です。

行動を起こす理由が明確になっていると、

自然にモチベーションが高まり一貫して行動が起こせます。

 

例えば普段から、ランチをパスタにするなら、

「パスタを食べる理由」を考えて、

その理由に納得してからパスタを食べるということです。

 

今回ご紹介した4つのステップは、

実際にアスリートの方やビジネスマンにやっていただいて

とても効果がある自己管理方法です。

 

ぜひ参考にしてみて下さい。

 

kensyuu

 

メルマガ購読・解除

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.