東北 NO1 人気沸騰中のメンタルトレーナー、セミナー講師の吉田こうじ公式ホームページ

中年の危機「ミッドライフクライシス」を乗り越るヒント(挫折・不安・怒り・虚無・焦り・後悔・怖れ・孤独・自己批判)ビジネス心理学 なぜ管理職になってから仕事に身が入らなくなるのか? 

 


こんにちは、仙台のメンタルトレーナー吉田です。

 

マンツーマンのセッションをしていて思うことがあります。

それは中年の危機(ミッドライフクライシス)でお悩みを抱えている人が多い

ということです。

 

中年の危機ミッドライフクライシスとは、例えば、

・大切な人との別離

・リストラ

・子供の育児離れ

・親の介護

・体力の衰え

など、きっかけは色々あるにせよ、いずれにしても、それまでの価値観が揺

らいで、これまでの人生に後悔の念や無価値観、罪悪感を抱いたり、これから

の生き方に不安や焦りを強く感じ、仕事もプライベートも虚しく感じてしまう

の状態のことで、簡単に言うと、人生の大きな岐路、分岐点のことです。

 

この人生の分岐点に立った時、どんな風景が見え、どう心が動くのか、、、。

 

あなたは、自分の歩いてきた道のりを振り返り、「こんなはずではなかった」

「本当にこれでよかったのだろうか」…こんなふうに感じたことはありませんか。

 

もしも今まさにそう感じているなら、それはもしかしたら中年の危機ミッドライ

フクライシス状態を迎えようとしているのかもしれません。

 

 

実際、僕自身は会社員時代にリストラをしなければならない仕事を命じられた時に、

大きく価値観や信念が揺らぎました。

会社を存続させるためとはいえ、それまで頑張って10年も20年も勤めてきた人

に対して、「もうあなたの仕事はありません」と言うのですが、その中には自分の

お世話になった人もいたし、とても辛かったことを覚えています。

 

会社の都合で突然生活基盤や、やりがいを失った人たちがいるのに自分はこのまま

ずっと会社員を続けていて本当に幸せといえるのだろうか?

 

こうしたことを何度も考えました。

 

その頃から心理学を学ぶことに没頭し出したわけですが、結局、僕の場合は、

リストラをきっかけにして、会社人としての自分のアイデンティティに揺らぎ

が生じて、会社に対する幻想を失うという喪失体験によって中年の危機に突入し、

東日本大震災をきっかけにして残りの人生の分岐点の行き先を決めたわけです。

 

・自分が大切にしてきたものは何か?
 

・これから大切にしたいものは何か?
 

・これまで信じてきたものは何か?
 

・これから信じていきたいものは何か?

 

理想の人生を思い描きながら、こうしたことを真剣に考えることで、

より人生に深みや豊かさを増すと僕は思っています。


ということで、今回はこの中年の危機(ミッドライフクライシス)と

その乗り切り方についてこちらの動画でお話ししてみました。

 

 

 

 

 

マンツーマンのセッションでカウンセライングやセラピーをしています。

もしもあなたがお悩みを抱えているなら、こちらからぜひご相談ください。

あなたの豊かな人生を応援しています。

 

parsonalmissionbanner

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.